パワプロ攻略・裏技サイト[実況パワスクレビュー]/[盗塁成功のコツ]

パワスク攻略TOPへ


パワプロ基本テクニック-盗塁成功のコツ-

パワプロ基本テクニック-走塁編[盗塁成功のコツ]-

盗塁成功率を上げるには

基本的には走者の走力が高いこと、ボタン連打など[走塁の基礎・コツ]と酷似しています。
その他は、下記を参考に。

相手投手の球速によって盗塁成功率が上下する。
投手が投げた球が捕手に届くまでに、走者は多くの距離を走ることができるため、
球速が早い球を投げる投手よりも、球速の遅い球を投げる投手の時に盗塁を行った方が盗塁が成功しやすい。

相手投手の能力をチェック
相手投手の球速をチェックすることはもちろん、[牽制○][クイック○]の有無も把握しておくこと。
[牽制○]…牽制球が上手くなり、走者が刺されやすい。
[クイック○]…走者に[盗塁×]が付く、[盗塁○]を持っている場合は[盗塁○]の効果が無くなる。

捕手の肩力をチェック
捕手の肩力は送球の速度に関わるため、
肩力が高ければ盗塁が失敗しやすく、肩力が低ければ盗塁が成功しやすいことを意味しています。

打者が空振りして捕手の送球を遅らせる
打者が空振りすることによって、捕手の送球が若干遅れます。
ボール球でも良いので、走者が走った場合はとにかくバットを振ること。
その際間違ってもバットに球を当てないように。盗塁が成立しない他、ライナーでアウトになると併殺になる確率が高い。

投球の間にもボタン連打を忘れずに
投手対打者の画面であっても、ボタン連打による走力アップは適用されます。
投球を開始し、ランナーがスタートとしたと同時に連打を開始しましょう!

*投手がウエストボール[外角高めの球]を投げた場合は、送球が早くなるため、盗塁成功率が極端に下がってしまいます。
素直に戻るのが懸命ですが、捕手の2塁への送球を投手がカットし、一塁へ送球する場合もあるので注意。

パワプロ試合テクニック集TOPへ戻る

パワプロ攻略!実況パワスクレビューTOPへ

スポンサードリンク
サイト内検索
コンテンツショートカット

Copyright(C) 実況パワフルプロ野球攻略byパワスク All Right Reserved.