パワプロ攻略・裏技サイト[実況パワスクレビュー]/[送球について]

パワスク攻略TOPへ


パワプロ基本テクニック-送球について-

パワプロ基本テクニック-守備編[送球について]-

送球について

送球は捕球姿勢によって、送球までの時間、球の速さまで変わってきます。

送球ボタンはタイミングよく押す
捕球直後に送球ボタンを押すことによって、送球までの時間が短縮されます。
また、特定の状況下では[ランニングスロー]や[ふんばり投げ]が発動することもあるため、必須のテクニックと言えます。

捕球は正面、または投げる方向に移動しながら行う。
捕球は正面できっちり捕ることによって、もたつくことも無く送球が行えます。
また、投げる方向に移動しながら捕球し、送球することによって[ランニングスロー]が発動し、
通常よりも素早い送球を行うことができます。
外野からの返球にも活用できるので、覚えておいて損はありません。

正面以外の捕球では送球に時間がかかり、送球がズレる確率も増えてしまうので注意。

送球の注意点

ベースカバーを考慮する
送球は早ければ早いほど良いのですが、捕る相手がいなければ意味がありません。
特に、ダブルプレー時の二塁への送球、バントシフト時の送球には注意です。
シフト変更が行われておりベースカバーがどうしても遅れてしまう状態なので、
捕球する前からベースカバーの状況を確認し、焦らず送球すること。
べースカバーがいなくても、送球が到達するまでにカバーが入れば問題無し。

*これは挟殺プレイの際にも言えることなので、ベースカバーの確認は怠らないように。

中継を活用する
外野から返球する際、直接塁に投げてしまうと送球がズレたり、返球が届くまでに時間がかかることもあります。
また、返球の隙を突いて進塁されてしまう場合もありますので、あまりオススメできません。
外野で捕球したら、よほど肩に自信が無い限りは、とりあえず[中継]に返球しておきましょう。

パワプロ試合テクニック集TOPへ戻る

パワプロ攻略!実況パワスクレビューTOPへ

スポンサードリンク
サイト内検索
コンテンツショートカット

Copyright(C) 実況パワフルプロ野球攻略byパワスク All Right Reserved.