パワプロ攻略・裏技サイト[実況パワスクレビュー]/[状況に合わせた走塁術]

パワスク攻略TOPへ


パワプロ基本テクニック-状況に合わせた走塁術-

パワプロ基本テクニック-走塁編[状況に合わせた走塁術]-

無駄の無いベースランニング

長打を打った際、一塁を回る前にあらかじめ二塁へ進むようにしておくと、
走者が回りこむようにして走塁する。そると、走者がスピードを落とすことなく一塁ベースを回り、
通常よりも早く二塁へ到達することができます。

[走塁4]を持っている選手であれば、ベースランニング時のふくらみが減り、素早く回ることができます。

タッチアップ

打者がフライを打ち上げた際、野手が捕球した後に走者を進塁させることができます。
三塁ランナーを本塁へ、二塁ランナーを三塁へなど、
タッチアップさせる際は野手の補球位置、守備力、肩、走者の走力を考慮して行うこと。
外野の深い位置で捕球された場合はタッチアップのチャンス、逆に浅いフライの際は無理して走らないように。

対人戦の場合、相手が中継を使わず直接塁に送球した場合はタッチアップのチャンス。
多少強引な走塁でも、意表をついた有効な戦術になります。

盗塁について

パワプロ試合テクニック集TOPへ戻る

パワプロ攻略!実況パワスクレビューTOPへ

スポンサードリンク
サイト内検索
コンテンツショートカット

Copyright(C) 実況パワフルプロ野球攻略byパワスク All Right Reserved.