パワプロ攻略・裏技サイト[実況パワスクレビュー]/[いろいろな盗塁]

パワスク攻略TOPへ


パワプロ基本テクニック-いろいろな盗塁-

パワプロ基本テクニック-走塁編[いろいろな盗塁]-

ダブルスチール

ランナー一・二塁の場面で、2人同時に盗塁を開始しする。
ダブルスチールを仕掛けた場合、
捕手は三塁へ送球するため、二塁ランナーは走力が高い必要がある。
逆に一塁ランナーは鈍足でも構わない。

一般的に三盗に対する警戒心は低く、二塁に牽制球を投げる確率は低いため、
二塁ランナーだけでオーバーリードしておくと成功率が高まる。

ディレイドスチール

ランナー一・三塁の場面で、まずは一塁ランナーを通常盗塁させ、
捕手が二塁へ送球する隙を突いて三塁ランナーを本塁へ走らせる。

意表を突いた戦術なので、対人戦では効果大。

ヒットエンドラン

ランナーの盗塁と打撃によって、より先の塁を狙う戦術。
フライを打ってしまうとゲッツーになる確率が高いため、最悪でもゴロを打つように。
また、ランナーがスタートした際、野手がベースよりに移動するため、一二塁間、三遊間のヒットゾーンが広くなっている。

パワプロ試合テクニック集TOPへ戻る

パワプロ攻略!実況パワスクレビューTOPへ

スポンサードリンク
サイト内検索
コンテンツショートカット

Copyright(C) 実況パワフルプロ野球攻略byパワスク All Right Reserved.