パワプロ攻略・裏技サイト[実況パワスクレビュー]/パワプロ基本テクニック[バントのコツ・戦術]

パワスク攻略TOPへ


パワプロ基本テクニック-バントのコツ・戦術-

パワプロ基本テクニック-打撃編-

バントのコツ・戦術について

▽バントを決めるコツ
・バットの下の方にあてる
・低めの球がゴロになりやすい
・正面には絶対転がさず、一塁、三塁線側に向けて転がす
・バント○を持っている選手を使う

奇襲攻撃(スクイズなど)以外は予めバントの構えを見せ、確実にバントをした方が良いでしょう。

その他のコツについては状況により変化しますので、下記を参考に。

送りバント

ランナーを進塁させるためのバントが[送りバント]。
これを成功させるには、打球を転がす方向が重要です。

打球を転がす方向は、一塁線または三塁線を狙うことが重要です。
正面に転がして投手に取られるとランナーが遅れず、最悪ゲッツーにされるので注意。

*正面にさえ転がさなければ大体のランナーは送ることができます。
どうしても失敗してしまう場合は、練習モードでひたすら練習、または走者を走らせてしまえば成功確率が大幅にアップ。

セーフティバント

無警戒のところにバントを放ち、内野安打を狙うバントが[セーフティバント]
以下の点に気を配ると成功率が高くなります。

セーフティバントを成功させるコツ
・走力の高い選手でバントをする
・[内野安打○]を持っている
・相手が内野後退のシフトを敷いている
・左打席に立つ=両打or左打者は有利
・守備力・肩の弱い野手の前に球を転がす

バスター

あらかじめバントの構えを見せておき、投球した後からヒッティングに切り替えることを[バスター]という。
相手が[バントシフト]や[前進守備]を敷いている時に使えば、
通常ゴロの当たりでも打球に反応できずに、ヒットになりやすい。

投球後にカーソルを合わせる必要があり、
ミートカーソルを合わせている時間がほとんど無いためなかなか難しい。

スクイズ

無死、または一死で、ランナー三塁の場面でバントをし、
球が転がっている間に三塁ランナーをホームに突入させることを[スクイズ]という。

三塁ランナーを盗塁予約させておかなければ、バントをしても間に合わない。
また、盗塁予約後は絶対に球にバットを当てること。空振りなどをするとほぼ確実にランナーがアウトになるので注意。

パワプロ試合テクニック集TOPへ戻る

パワプロ攻略!実況パワスクレビューTOPへ

スポンサードリンク
サイト内検索
コンテンツショートカット

Copyright(C) 実況パワフルプロ野球攻略byパワスク All Right Reserved.